笑顔

40代から基礎化粧品の意識改革!スキンケアをあなどらない

美容効果の高いビタミンc

クリーム

壊れにくいビタミンc成分

化粧品に配合される成分で、最近よく見かけるのがビタミンc誘導体です。美容面でビタミンcは効果の高い成分とされていますが、壊れやすい成分であるため、化粧品に配合しても効果があらわれにくいという欠点を持っています。そこで壊れにくいビタミンcを人工的に作ったものがビタミンc誘導体です。このおかげで、美容面で効果が発揮できる成分を化粧品に配合できるようになったのです。ビタミンc誘導体の働きで得られる効果は数多いです。例えば、メラニン色素の生成を抑制する働きによってしみを予防したり、肌のコラーゲンを増やす働きはしわやたるみの改善効果があります。活性酸素を除去する働きによって肌の老化防止を促したり、抗炎症作用によってニキビを改善する効果などが得られます。

確実に肌に効き目がある

ビタミンc誘導体が注目されているのは、肌に直接ビタミンcの効果を与えられる点です。ビタミンcは、1日の摂取目安が100mgとなっていますが、美容効果を得るために必要な量は1日1000mgといわれています。食品として摂取した場合、その多くは肌以外の部位に使われてしまうのです。また、水溶性であるビタミンは体に蓄積することができません。さらには体内で生成することもできません。ですからビタミンcを直接肌に効き目があるように開発されたのがビタミンc誘導体というわけです。ただ、ビタミンc誘導体は皮脂のコントロールに働きかける効果もあり、肌が乾燥気味の人は皮脂量が減って、刺激に敏感になってしまうことがあります。たっぷり化粧品を使いすぎないようにする注意が必要です。