笑顔

40代から基礎化粧品の意識改革!スキンケアをあなどらない

美しい肌になる

美容液

40代向けの基礎化粧品は、悩みにあったもの、季節の外的要因を考慮したものを選ぶことが重要になっています。また、キーワードがシミ、シワ、保湿、美白といった言葉が多く使われているものが多く販売されている点が特徴です。

一定量を種類によって

化粧水

一度にたくさんつけたり、あまりに多くの種類をブレンドして使うのではなくアンチエイジング化粧品は1種類をできるだけ一定量使うことが重要です。保湿成分が配合されているものと、抗酸化作用が充実しているものに分かれています。

美容効果の高いビタミンc

クリーム

さまざまな美容効果を得られるビタミンcを、肌に直接効き目があるように壊れにくい成分にしたものがビタミンc誘導体です。しみの抑制やコラーゲン生成などの効果が得られ、多くの化粧品に配合されるようになりました。口からビタミンcを摂取するよりも直接肌に効果があることが注目されている理由です。

若々しい肌にするケア

クリーム

コラーゲンを補充

肌は、40代になる頃から急激に衰えていきます。具体的には、肌の内部のコラーゲンの量が減っていくため、弾力や水分が失われ、たるんだりシワができたりするのです。そのため40代になると、基礎化粧品で肌にコラーゲンを補充することが重要となってきます。コラーゲンは鶏の皮などを食べることでも補充できますが、基礎化粧品なら肌に直接与えることができます。そのため効果が出やすく、与え続けているうちに肌はどんどん若さを取り戻していくのです。また、基礎化粧品に配合されているコラーゲンは、食品に含まれているコラーゲンと異なり、浸透しやすいようにナノ化されていることが多いです。小さい分肌の深部にまで入り込んでいくので、肌は奥底から潤った状態になっていきます。

ターンオーバーの周期

また、40代になると肌トラブルの解消が困難になります。なぜならターンオーバーの周期が長くなり、新しい細胞が生み出されにくくなるからです。具体的にはターンオーバーの周期は、20代のうちは約1ヶ月となっています。しかし40代になると、これが約1.5倍になってしまうのです。古い肌細胞はターンオーバーによって除去されていき、それによって肌トラブルは治っていきます。しかしその周期が長くなると、その分古い細胞は除去されず長く残るようになります。そのため40代になると、肌トラブルがなかなか解消されなくなるのです。これを改善するには、プラセンタなどターンオーバーを促す成分が配合されている基礎化粧品を使用することが大事です。コラーゲンを補充しつつ、ターンオーバーを促していくことで、肌は20代の頃のような状態に近づいていきます。